賃貸物件の内見ポイント

後悔しないためのチェック箇所

賃貸を選ぶにあたり、きちんとチェックしておけば良かったと後悔されることが多いポイントがいくつかあります。そのひとつが音漏れについてであり、住み始めてから騒音で悩まされることがあるのです。
内見の時にも騒音の具合についてチェックすることが大切ですが、方法のひとつに壁を叩いてみることです。その際にコンコンと軽い音がする場合は壁の中が空洞になっているということであり、音も響きやすい傾向があります。ただ、騒音は上下からも発生しますので、壁を確認しただけでは不安は拭えません。
そこで併せて行いたいのが上下の音確認ですが、もし上下が空室ならば誰かに歩いてもらい音漏れの具合をチェックすると良いでしょう。都合良く空室ではない場合でも、他の部屋で確認させてもらえることもあります。

カビの有無を確認しよう

後悔しないためのチェックポイントに、カビの有無を確認することが挙げられます。カビは臭いがするだけでなく、持ち物を傷めさせたり健康にも害になりますので注意しなければいけない存在です。
チェックするためにはまず部屋に入った時の臭いを確認しましょう。独特のカビ臭さを感じる場合はどこかしらに発生している可能性があります。時には新品のクロスの裏で繁殖していることもありますので、一見するとキレイでもおかしな臭いがする場合は注意が必要です。ちなみにすでにクロスが剥がれかかっている場合、湿気による影響の可能性があります。湿気があるとカビも生えやすいです。
水回りをよく見ておくのも鉄則と言えます。キッチンやトイレ、浴室などはカビが発生しやすいため、内見の段階でカビがある場合は要注意です。また、キッチンの下の収納などの中も欠かさずに見ておくことが大切です。

小樽の賃貸マンションでは、ファミリー向けの物件が豊富に存在し、間取りや設備内容、周辺環境など、あらゆる面に満足しながら子育てができます。